水漏れを治す

換気扇の外側

水漏れが発生したときに、修理で減額してもらえるのか疑問に思うかもしれませんが、基本的には家庭における水道設備に関しては入居者の財産として扱われますので、自己責任となってしまいます。 水道を使っているつもりはなく水漏れが原因で高額な水道代になってしまっても自己負担になってしまいます。ただし、例えば故意に水量栓をいたずらされたり事情によっては料金を減額することが出来るときもありますので、高額請求された時にはまず交渉をしてみましょう。 こういったことのないよう、定期的に水道メーターはチェックしておいた方が良いかもしれません。

水漏れの修理の場合、どこが壊れているのかどこを修繕すべきなのかによって料金がだいぶ変わってきます。設備自体が劣化して水漏れしてしまった場合は不動産会社によってすべて負担してくれる場合もありますから、水漏れしているという事実が分かった時には自分で修理を依頼するのではなくまずは不動産会社に相談してください。不動産会社が提携している修理会社があるかもしれませんから、大がかりな修理になる場合は事後報告ではなく修理前に報告しておく必要があります。 水道工事店によっては同じような修理内容でも料金に差が生じますから修理に実際依頼する前に見積りを出してもらいましょう。 水道局が指定する水道工事店のみでしか修理が行えない場合もあります。